アルソック 空き巣対策 資料請求

侵入に時間がかかりそうな家は、侵入犯から狙われにくいと言われています。逆に言えば、侵入にあまり時間がかからない家が侵入犯から狙われやすいという訳です。具体的には、どんな家が侵入犯から狙われやすいのでしょうか。


侵入犯に狙われやすい戸建て住宅

玄関・勝手口

■ ドアまわりに何も防犯対策を施していない
■ 鍵がひとつだけしか付いていない
■ 外から室内が覗けるドアスコープを使っている
■ ドアやドア付近にガラスがはめ込んである
■ ドアが死角になりやすい場所にある
■ 在宅時に玄関や勝手口を開けている

小窓・掃き出し窓

■ 小窓に外格子が無い
■ 窓ガラスやクレセント錠に防犯対策を施していない
■ 窓が死角になりやすい箇所にある
■ 在宅時に窓を開けている

家まわり

■ 照明が無いので夜間は真っ暗になる
■ 物置や電柱など、二階への足場になりそうな物がある
■ 生垣や塀が高くて、見通しが良くない

侵入犯に狙われやすい集合住宅

玄関

■ ドアに防犯対策を施していない
■ 鍵はひとつだけしか付いていない
■ 外から室内が覗けるドアスコープを使っている

■ 窓ガラスやクレセント錠に防犯対策を施していない
■ 廊下側に外格子が無い
■ 隣のベランダとを仕切るのは薄板1枚だけ

エントランス・エレベーター

■ オートロックが付いていない
■ 防犯カメラが設置されていない

外周部

■ ゴミ置き場、駐車場、駐輪場がしっかりと管理されていない
■ 照明が無いので夜になると真っ暗になる
■ 屋上へ自由に出入りが出来る


これらの防犯上の不備をひとつずつ改善していけば、それだけ侵入犯に狙われにくい家になっていく訳です。

しかし、防犯対策を施せば安全性が高まることは確かですが、100%安全だと言い切れる防犯対策は存在しません。個人で行える防犯対策には限界があるのです。そこで、ホームセキュリティを利用することで更に安全性を高めることを考えます。

ホームセキュリティは、サービス・値段・設置条件に違いがあります。
↓ 最適なホームセキュリティの無料一括資料請求はこちら ↓